香川県のスズキ正規ディーラーサイトです。香川県下11店舗(高松市5拠点・東かがわ市・坂出市・丸亀市・善通寺市・三豊市・観音寺市)のお店の情報のほか、お得な最新情報がもりだくさん。

お知らせ(その他)

Car Life -*ブログ*-

2017.08.25

バッテリーの事。

 

 

ご覧いただきありがとうございます!

 

今回は、バッテリーについてです

 

バッテリーは皆さんご存知、低温状態では機能が著しく低下します。

 

しかし、気温の高い夏場でもバッテリートラブルは多いのです!!

 

 

暑い時期は、短時間に電力の消費が多く、オルタネータの発電量が消費量に追いつかなくなることで蓄電量が低下します。

 

*オルタネータとは、エンジンの回転を動力源として利用し、電装部品の電源を発電しバッテリー(蓄電池)やコンデンサに蓄える部分です。

 

夏場に使う装備で、最も電力消費が多いもの、それはエアコンです。クルマのエアコンは家庭用エアコンなどとは異なり、システムの中核であるコンプレッサーはエンジンの出力によって駆動していますから、基本的には電力を必要としません。では何が電力を消費するのかというと、実は風を送るためのファンが電力を使います。

暑い時はとにかく全開、という使い方をしがちで、これがバッテリーに負担を掛けています。そしてもうひとつ、エアコン以外に電力を多く消費するのが、意外にもブレーキランプなのです。後続車にブレーキを操作していることを確実に知らせるため、ブレーキランプは結構消費電力の大きなバルブを使っているのです。

 

真夏の高速道路などで渋滞にはまった時、直射日光が照りつける真夏の車内では、とてもエアコンなしにはいられませんし、渋滞時には必然的にブレーキペダルを踏んでいる時間が長くなります。その上、渋滞時はエンジン回転数が上がらないため、オルタネーターの充電効率も下がります。つまり、発電量が少ない上に、消費電力は多いというバッテリーには本当に過酷な状況なのです。

 

 

この暑い夏、お休みの間に消費してしまったかもしれないバッテリー一度点検してみませんか?

 

料金はかかりません!!

 

5分~10分ほどお時間を頂きます。

 

大事な用事、バッテリートラブルで遅れないよう、事前に確認しましょう

 

即交換可能です

 

車種によってはお取り寄せの場合もございます。

    

 

 

 

 気軽にお立ちより下さい

  • 0

posted by 高松東営業所 / U’s STATION高松東  | 2017年8月25日
店舗情報へもどる